【世界初のポスプラ本】Amazonリンクはこちら

PostPrimeチャートとは?本家TradingViewとの違いも解説

PostPrimeチャート機能の解説
  • URLをコピーしました!

「PostPrimeチャート機能とは?」

「本家TradingViewと、ポストプライムチャートのちがいが気になる…。」

本記事の内容

・PostPrimeチャートタブの見方と使い方

・本家TradingViewとポストプライムチャート機能のちがいや注意

・PostPrimeチャートをブログで再現してみた

本記事の執筆者

ぷらは

この記事を書くぼくは、
PostPrime大好きブロガーです。
・プライムクリエイター(バッジLv5)
・世界初のPostPrime本の執筆者
・認定PostPrime Expert Silver
・TradingView有料プランPRO契約中

ポスプラに関するご質問や、記事のご感想など、固定投稿のコメント欄までお気軽にどうぞ!

2022年4月16日PostPrimeにとつぜんチャート機能が、出現しました。

今回は、このチャートタブの見方や使い方、注意点などを解説していきます。

ポストプライムでは、世界的に有名なTradingView(トレーディングビュー)の提供チャートを使っています。
本家TradingViewとPostPrimeチャート機能の違いや、オススメの設定などもあわせてご紹介。

リサーチをかねて、PostPrimeチャート機能を当ブログでも再現してみました。


何ごとも手を動かすと、深く理解できますね。実践を通して学んだチャート機能の解説です。

本記事の【調査時点】:2022年4月後半 
PostPrimeの機能やルールは日々更新されております!
引用部分などの最新情報は、PostPrime公式ヘルプセンターからご確認ください。

目次

PostPrime(ポストプライム)チャート機能とは?

出典:PostPrime

画像はPCブラウザ版のPostPrimeです。左メニューのチャートから見れます。

PostPrimeチャートタブの見方

例えば日本円を選択すると、下記のチャートが表示されます。

出典:PostPrimeーTradingViewチャート

今回は、このPostPrimeチャート機能について、どこよりもくわしく解説します。

ポストプライムチャート機能の使い方

まず、チャートタブのごく基本的な使い方は、公式にわかりやすいヘルプページがあります。

ちなみにリンク先の内容は、特に読まずともポチポチ触ってみればだいたい理解できるかと。
本記事では、もう少しくわしい内容を解説していきます。

チャートの画面スクショをとって投稿する方法

PostPrimeにチャートのスクショ画像を投稿したい時は、右上のカメラマークから出来ます。

PostPrimeチャートでスクショを撮る画面

出典:PostPrimeーTradingViewチャート

PostPrimeに投稿する方法は主に2つ。

①「チャート画像を保存」から、
保存した画像をPostPrimeでアップロードして投稿する

②「チャート画像のリンクをコピー」から、
作成した画面キャプチャのリンクを、PostPrimeのテキストに貼って投稿する

PostPrimeのメディア形式は、①だと画像投稿、②だとリンク投稿になります。どちらが閲覧されやすいかは、おそらく大差ないのでお好みでどうぞ。

インジケーターの解説とオススメの設定

TradingViewでは、様々なインジケーターを無料で利用できます。

インジケーターとは、移動平均や出来高などテクニカル分析に役立つ指標のこと。

なお無料プランでは、インジケーターを同時に表示できるのは3つまでです。

PostPrimeチャートも同じく3つが上限なので、インジケーターは厳選する必要があります。

「何を使えばいいのか、さっぱりわかりません…。」
という初心者の方へ、オススメのインジケーターを5つご紹介します。

まずは、みんな大好き移動平均。
とはいえ種類はいろいろ。こだわりのある方は各々選んで下さい。

初心者の方なら、ぼくのオススメは「Moving Average Ribbon」。

出典:PostPrimeーTradingViewチャート

1つのインジケータで、4本の移動平均を設定できてお得です。

出典:PostPrimeーTradingViewチャート

他にオススメのインジケータとして、ダンさんがよく使うのは、このあたり。

高橋ダンさんがよく使うインジケータ4つ

  1. MACD(Moving Average Convergence Divergence)
  2. RSI(Relative Strength Index)
  3. BB (Bolinger Bands)
  4. Stochastic(ストキャスティクス)

いずれもインジケーターから、検索で見つかります。

ちなみに、ダンさんが愛用しているインジケータや設定は、こちらの書籍でも紹介されていますよ。

本家TradingViewとPostPrimeチャートの違いを解説

PostPrimeチャートと本家TradingViewのちがいは?


それぞれ、機能的な違いを解説します。

TradingView(トレーディングビュー)とは?

TradingViewとは、世界中で3,000万人以上のトレーダーや投資家が利用している超有名な高機能チャートです。

TradingViewの特徴①:ソーシャル機能

TradingViewの最大の特徴は、なんといってもSNSでの利用を想定していることです。

そのため高橋ダンさんをはじめ投資系YouTuberの方は、たいていTradingViewを使っています。

SNSで楽天やSBI証券のアプリ画面を上げてる方を見かけますが、許可を取ってなければ著作権的にNGですよ…。

TradingViewは証券会社ではないので、口座開設せずともチャートを利用できます。
先ほど画像にあったように、Twitterへの連携が機能として実装されてます。SNSでの利用もOK。

本家TradingViewも気になるという方は、こちらのリンクからどうぞ。

上記は、ぼくのTradingView紹介リンクです。
本リンクから無料登録すると、のちのち有料プランを使いたくなった時にあなたも30$分のコインがもらえます。
(コインは、有料プランの支払いに使えますよ。)ちなみにぼくは、有料プランPRO使ってます。

TradingView友達紹介

出典:TradingView

有料を使う予定がなくとも、TradingView公式ページに飛ぶだけですが、気になる方は検索して下さい。なお30コインもらえるのは、まだ一度もアカウント登録したことが無い方だけです。
(登録済みの方や、リンク経由でも新規アカウント作成から3ヶ月以上経過したら対象外。)

TradingViewの特徴②:ウィジェット機能

TradingViewが提供するチャートは、アプリやブログに埋め込むことができます。
この埋め込み機能のことを、ウィジェットと呼びます。

この埋め込みチャートは、コインチェックなど有名な企業でも採用されてますね。というか最近はどこもかしこもTradingViewばかり!。

PostPrimeチャートも、TradingViewのウィジェット機能です。

PostPrimeチャートと本家TradingViewの4つのちがい

本家TradingViewとPostPrimeチャート(ウィジェット版)では、どんな違いがあるの?

ぼくが見つけたPostPrimeチャートと、本家TradingViewのちがいです。主に4つのポイントがあります。

①シンボルの種類:個別株見えない

ウィジェット版では、日本の個別株はデータがありませんでした。

ウィジェット版で任天堂を表示しようとした画像。

出典:TradingViewウィジェット版

画像のとおり、日本の個別株は表示できませんでした。

さらにPostPrimeチャートは、独自の制限があり米国の個別株もマイナーなアルトコインも見れませんね。

本家TradingViewに登録すると、日本株、米国株、草コイン全て閲覧できますよ。

②リアルタイム性:データが遅延する場合がある

ウィジェット版は、チャートによってデータが遅延する場合があるそうです。

出典:PostPrimeーTradingViewチャート

遅延しているチャートは、画像のようにDが表示されます。
マザーズのチャートの例、この時は15分遅延してるようです。

ウィジェットにリアルタイムの株価データが無いのはなぜですか?
取引所は、それぞれの情報提供サイトがリアルタイムデータに対し料金を課すことを望んでいます。それらが定める条件のため、我々は遅延データを提供することしか許されません。利用可能なものは次のリストのとおりです。FXと暗号資産のデータはリアルタイムです。

引用元:https://jp.tradingview.com/widget/advanced-chart/

上記は、TradingView公式HPからの引用。

③インジケーターの種類

ウィジェット版には、使えないインジケーターがあります。

無料版と有料版でも、違いますが、有料契約しているユーザーもウィジェット版では使えません。

例えばぼくが愛用している、下記のインジケーターはウィジェット版にありませんでした。

・可視範囲出来高:VPVR(Volume Profile Visible Range)

・5本の移動平均線:SMA by KGS 5MA’s in 1 indeicator
(GomathiShankarさん作、1つの指標で5本の移動平均線)

SMA(単純移動平均)とありますが、EMA(指数平滑)もWMA(加重平均)も表示可能。初期設定は、5x3種類で15本も出てきます笑。ぼくは、SMAのみ表示、色もこだわりのカスタムです。

TradingView有料版の例

出典:TradingView(4/21のTOPIX先物日足)

特にVPVRをぼくは重視してるので、有料プランを契約しています。いわゆる価格帯別出来高。

ぷらは

直感的に、「上値重そうだなー…。」とか見えて好きなんですよね。

④その他、全画面表示、インジケータの設定保存など

その他、細々した話ですが、チャートの拡大表示が出来ません。これ、地味につらいです。

やはり大画面でみた方が、大局をつかめます。

また、インジケータも設定を保存出来ないので、チャートを切り替えるたびに選ぶ必要があります。
本家TradingViewの快適さに慣れると、、正直やってられませぬ…。

PostPrime(ポストプライム)チャートを再現してみた

本記事を書くリサーチもかねて、ぼくもTradingViewのウィジェット機能を使ってみました。

WordPressブログだと、驚くほどかんたんにチャートを作れますね。ほぼコピペでいけました。

ポストプライムと同じチャートをブログに埋め込んでみた

さっそくですが、こちらに出来上がったモノがあります。

埋め込んだチャート:TradingViewウィジェット版

PostPrimeチャートと完全に一致、、したはず。。間違いを見つけた方は、ツッコミお待ちしてます。

ちゃんと動きますね。インジケーターも触れるので、先ほどご紹介した設定とか、ご自由に使ってみて下さい。

TradingViewの他のウィジェット機能を使ってみた

TradingViewで他にも、様々なウィジェット(埋め込み)機能が見つかりました。

くわしくは、こちら。面白そうなものを、いくつかご紹介します。

変更可能なチャート(米国個別株やアルトコイン)

こちらは、先ほどのチャートと同じウィジェットですが、設定をいじることができます。

機能をモリモリにしてみました。今話題のTwitter株のチャートと情報を表示しています。

高機能チャート

左上のシンボル『TWTR』から検索で、お好きな銘柄に変更できます。PostPrimeチャートより高機能です(ドヤ顔)笑。日本株は見れませんが、米国株とかアルトコインならOK。

The Sandbox(サンドボックス)のSANDUSDとか、わりとマイナーな通貨もみれて感動。
でも動作重そうだから、あとで消しちゃうかもです。触りたい方は、お早めにどうぞ。

為替のヒートマップ

主要国通過のFXヒートマップです。がんばれ、日本!。

暗号資産(仮想通貨)マーケットの一覧

仮想通貨の時価総額ランキング。コインマーケットキャップのようだ。

S&P500ETFの売られすぎ買われすぎ指標

SPYの日足。時間軸も変更できます。

以上。

これら全てのウィジェットを作るのに、作業時間として慣れたら5分もかかりません。(表示項目の調整とか含めても、小一時間くらいでした)。全てTradingViewから、コードを拾ってきてコピペしただけ。

便利すぎて、オリジナルの投資分析サイトとか作りたくなる…。

まとめ:WordPressブログとTradingViewで投資サイトを自作しよう

ぼくと同じく投資サイトや、ブログにご興味がわいた方へ。

TradingViewのチャートやマーケット情報を埋め込むだけなら、HTMLの知識が無くとも、マジでコピペで簡単にできますよ。

好きな株や仮想通貨ごとに情報をまとめて、こだわりのポートフォリオページとか作っても楽しそうです。

TradingViewとWordPressで投資サイトをはじめる

本家TradingViewを使ってみたい方は、こちらから。

WordPressブログをはじめてみたい方は、こちらの記事をどうぞ。

あわせて読みたい
初心者でも検索上位!失敗しないWordPressブログの作り方【実績あり】 「WordPressでブログ作りたいけど、何から始めればよい?」「おすすめのサーバや設定の手順を教えて」「作ってすぐに検索上位とれるの?。実績があるブログを参考にした...
ぷらは

TradingViewガッツリいじってたら、思ってたより楽しくてハマりそう…。

ぼくのPostPrimeプロフィールページはこちらです。

ポスプラに関するご質問や、記事へのツッコミなど、固定投稿のコメント欄までお気軽にどうぞ!

合わせて読みたい!PostPrimeのまとめ記事

PostPrimeのアカウントを伸ばしたければ、SNSのコンセプトやシステムを深く理解することが大切です。

もっと網羅的に学びたい方は、こちらの記事もどうぞ。

あわせて読みたい
PostPrime運用に役立つ21記事まとめ【保存版】使い方から稼ぎ方まで 「PostPrime運用の基本から応用まで学習したい…。」 高橋ダンさんの最新SNS、PostPrimeをマスターしたいあなたへ 本記事の内容 本記事では、PostPrimeの基礎知識から稼...

PostPrimeの基礎知識から稼ぎ方など、運用に役立つ記事を全てまとめております!

ブログおすすめテーマ〜 買い切り型、複数サイト可、報酬プログラムも

PostPrimeチャート機能の解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる